Go

Goプログラミング入門

Go

【Go入門】switchによる分岐

Go言語のswitch文での分岐について扱います。switchキーワードと共にcaseを使って複数の条件分岐を作ることができます。Goの特徴機能としてfallthroughキーワードがあります。これを使った次のcase文も実行できるという特徴があります。
Go

【Go入門】ifによる条件分岐とelse if, elseブロック

Go言語のif文での分岐処理について、else ifブロック、elseブロックを使うことで、複数の条件を評価して分岐させる処理を見て行きます。複数の条件分岐をelse ifで行う場合は、条件式の順番に注意しないと正しく動作しないことがあります。
Go

【Go入門】if文による条件分岐とtrue, false

Go言語でのif文を使った条件分岐の基本について見て行きます。if文では条件式が成立、つまりtrueの場合に処理を実行します。条件式の評価は、論理値型の演算の評価の知識を利用します。
スポンサーリンク
Go

【Go入門】loop処理のbreakとcontinue

Go言語のloop処理でのbreakとcontinueについて扱います。breakは処理の中断を、continueは処理のスキップを行います。
Go

【Go入門】for文のloop処理の3つの方法

Go言語のforキーワードを使ったloop処理の3つの方法についてまとめました。「for 初期化式; ループ継続条件式; 増減式 { }」の形と、「for 条件式 {}」の形と、「for {}」の形の3つです。
Go

【Go入門】loop処理 – ネストされたfor文の反復処理

ここではGo言語のネストされた反復処理を行います。for文の中でfor文を処理する反復処理です。外側の処理を1回行う間に、内側の処理を全て行って、外側の処理を繰り返すという処理です。
Go

【Go入門】loop処理 – for文の基本

Go言語での反復処理について、ここではfor文の基本を扱っていきます。forに続けて初期化式、ループ継続条件式、増減式を定義し、繰り返し処理のコードをブロック内に記述することでloop処理を行います。他のプログラミング言語にもある処理ですので理解はしやすいと思います。
Go

【Go入門】定数宣言内のiota

Go言語のiota(イオタ)について扱います。iotaは定数宣言内で利用し、定数が0から連続した整数値をとります。constを使うたびにリセットされて再び0からの整数値をとります。
Go

【Go入門】新しい型の宣言と導入 – typeキーワード

Go言語の新しい型の宣言と導入について扱います。これは、typeキーワードを使って宣言します。この新しい型を宣言して利用することで、コードの意味を明白にしたりエラーを防いだりするのに役に立ちます。
Go

【Go入門】Goの基本型 – 文字列型(String types)

ここでは、Goの基本型である文字列型(String types)を扱います。stringsパッケージをインポートして、ReplaceやContains、Countと行った文字列の操作をいくつかやっていきましょう。
Go

【Go入門】Goの基本型 – 論理値型(Boolean types)

Go言語の基本型である 論理値型(Boolean types)について扱います。true、falseの値をとるデータ型です。Goでは「&&」「||」「!」を使って論理演算をいます。
Go

【Go入門】Goの基本型 – 数値型(Numeric types)と四則演算

Go言語の基本型の1つである数値型(Numeric types)についてみていきます。Pythonと違って、多くのセットが定義されています。合わせて四則演算もみていきます。Goで数値計算を記述する時のフォーマットも扱います。
Go

【Go入門】変数の「ゼロ値」というデフォルト値

Goプログラミングの変数は、それぞれの型に「ゼロ値」というデフォルト値があります。このデフォルト値が適用されるのは、変数を宣言した時に値で初期化しない場合です。ここではその「ゼロ値」についてみていきましょう。
Go

【Go入門】定数(constants)の宣言 – const

Goプログラミングの入門として、定数(constants)の宣言をみていきます。Goの定数宣言はconstキーワードを利用して宣言しますが、型名は省略することができます。定数を大文字で始めると、他のGoファイルから利用することができることを意味します。
Go

【Go入門】型(type)を調べる – %T と Printf()

Goプログラミングの入門として、変数の型を調べる方法を見ていきます。変数の型を調べるにはPrintf()と%Tを使うことで表示することができます。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました