JavaScriptプログラミング編

スポンサーリンク

JavaScriptは軽量でクロスプラットフォームのオブジェクト指向プログラミング言語です。

以前、JavaScriptはクライアントサイドでのみ使用されていて、ブラウザ上でのwebページの動的な表現に使われるくらいでした。

近年ではサーバーサイドでも利用されるようになり、現代のWeb開発、Webアプリケーションに不可欠なものとなっており、人気のプログラミング言語になっています。

JavaScriptの基礎から応用的な知識まで、じっくりと扱っていきます。WebやHTMLの知識も別に得ておく必要もあります。

スポンサーリンク

JavaScriptの基礎

JavaScriptの入門的な位置付けとして、基礎的な文法・構文を扱っていきます。速習的に扱いますので、特に細かい部分は書籍などで確認も合わせてするといいでしょう。

なお、ここでは基本的な内容を扱うのでJavaScriptのES5と言われている従来からある仕様でのコードの記述をしています。現在はもっとモダンで先進的な書き方であるとか厳密な仕様になっていて、ES6、ES7…と年を追うごとにバージョンアップされています。

ここではまず、ES5の書き方で基本的な知識を扱います。ES6はまた話を進めていくに連れて触れて行きます。もっとモダンな部分については別の項目を設けて扱おうと考えています。

JavaScriptの基本

JavaScriptを始めよう!実行環境構築とコンソール表示

変数とデータ型

演算子(オペレーター)と優先順位

if – else文で条件分岐

論理演算子と条件分岐

三項演算子とseitch文

等価演算子と同値演算子、falsyな値

関数の定義 – function命令

関数リテラル(匿名関数, 無名関数)

配列の生成と操作 – Arrayオブジェクト

オブジェクト – プロパティとメソッド

反復処理 – for, while, continue, break

JavaScriptの挙動

JavaScriptは他のプログラミング言語には見られない変数の巻き上げ(hoisting)という挙動があります。これを理解しておかないと思ったように動かなかったりするので、ここで確認しておきます。これに合わせて、スコープ、thisキーワードも見ておきます。

巻き上げ(ホイスティング)

スコープの基本

thisキーワードと参照先

(順次追記していきます)

スポンサーリンク

JavaScriptの応用

(順次追記していきます)

スポンサーリンク
CodeGraffitiをフォローする
コードグラフィティ:とにかく進め!独学プログラミング – Python入門から始めてどこまで学べる?
タイトルとURLをコピーしました