【JavaScript入門】スコープの基本

JavaScript
スポンサーリンク

ここでは、JavaScriptにおけるスコープ(scoping)の基本をみていきます。

スコープとは、変数がスクリプトのどの位置から参照できるかを決める概念です。

スクリプト全体から参照できるスコープをグローバルスコープ、定義された関数の中でのみ参照できるスコープをローカルスコープといいます。

スポンサーリンク

スコープの基本構造

変数がスクリプトのどの位置から参照できるかを決めるのがスコープと先ほど触れました。簡単なコードを使ってみていきましょう。

次のようなコードを用意してみました。

call1という変数をまず用意しています。これは関数の外で宣言した変数なのでグローバル変数になります。

firtstCall()という関数を定義する前に呼び出していますが、これは巻き上げの動きです。

【JavaScript入門】JavaScriptの挙動 - 巻き上げ(hoisting)
JavaScript独特の挙動である巻き上げ(hoisting ホイスティング)を扱います。この巻き上げは他のプログラミング言語にはなく、ここを押さえておかないと実行した時に思ったように動かなかったり、その原因が掴めなくなるので要注意です。

次にfirstCall()という関数を定義しています。この中でcall2という変数を宣言し、かつ、secondCall()という関数を呼び出しています。このfirstCall()の関数の中で、secondCall()関数を定義して、変数call3を宣言し、console.log()で全ての変数を出力する処理をしています。

実行するとJavaScriptコンソールには次のように表示されます。

secondCall()で関数内の変数call3だけでなく、外側の関数にある変数call2と関数外にある変数call1を参照することができています。

一方、コメントアウトしている部分のように、一番外側で関数内の変数を呼び出してみるとスコープ外なのでエラーになります。

コメントアウトを外して実行すると次のようになります。

  • グローバルスコープ – スクリプト全体から参照できるスコープ
  • ローカルスコープ – 定義された関数の中でのみ参照できるスコープ

この違いと動きを確認しましょう。

スポンサーリンク

スコープチェーン

JavaScriptでは、それぞれのスコープ単位にグローバルオブジェクト、Callオブジェクトというものが呼び出しの都度生成される形になっています。

この構造を示すと、先ほどのコードは次のようなイメージになります。

これは変数が内側から連なっているような構造になっていますが、これをスコープチェーンと言います。

スコープチェーンとは、最内側の関数であるチェーンの先頭のCallオブジェクトから一番外側のグローバルオブジェクトまで、指定された変数を順番に検索していく連なりを示しています。

ですから上のコードはスコープチェーンが表現されているコードになります。

このコードを下のように変更してみます。

これを実行すると次のようになります。

関数thirdCall()は、関数内に定義された関数ではないので、コメントアウトしている部分を実行して変数call3を参照することはできません。コメントアウトを外して実行すると次のようにエラーになります。

このようなスコープチェーンとスコープの及ぶ範囲を確認しておきましょう。

スポンサーリンク

まとめ

ここではJavaScriptにおけるスコープ(scoping)の基本を扱いました。

スコープとは、変数がスクリプトのどの位置から参照できるかを決める概念で、スクリプト全体から参照できるスコープをグローバルスコープ、定義された関数の中でのみ参照できるスコープをローカルスコープといいます。

最内側の関数であるチェーンの先頭のCallオブジェクトから一番外側のグローバルオブジェクトまで、指定された変数を順番に検索していく連なりをスコープチェーンといいます。

JavaScript
スポンサーリンク
CodeGraffitiをフォローする

コードグラフィティ:とにかく進め!独学プログラミング – Python入門から始めてどこまで学べる?
タイトルとURLをコピーしました