【Python入門】ラムダ式を使う – lambda

Pythonの基礎
スポンサーリンク

初心者の独学でのプログラミング学習はとてもツライ…

プログラミングをマスターしたい!

今のIT業界はプログラミングエンジニアが不足していると言われています。
高収入の職業とも言われる分野もありますし、AI、機械学習、ディープラーニング、IOTといった注目される分野が目白押しです。

でも、いざ初心者がプログラミングをマスターしようとすると…

  • 本を読んだりネットの記事で自力で勉強しているけど限界を感じる
  • プログラミングスクールに定期的に通うのは面倒だ
  • 地方に住んでると家の近くにプログラミングスクールなんてない
  • どのプログラミング言語を学べばいいのか悩む
  • 実際の就職や転職にプログラミングが活かせるのか心配だ

など、プログラミングを自分で勉強しようとすると悩みが尽きません。

プログラミングに詳しい友人に教えてもらおうと思っても、そんな友人なんて滅多にいません。いたとしても細かく教えてくれるほど時間に余裕がある人はいないでしょう。

そんな独学でプログラミングをマスターするのに限界を感じてる方に、オンラインプログラミングスクールをがおすすめです。

おすすめのオンラインスクールはこちら

Pythonの関数で、関数funcを引数として使うことをこれまで少し出てきたりしました。これは便利な操作ですけど、いろんな処理をするにはいくつも関数funcを定義してから使う必要が出てきます。

このいくつも定義するって操作は手間がかかりますよね。実際に使う時に関数名を覚えておかないといけません。

これを関数定義を個別にしなくてもいきなり使えると便利です。これを可能にするのがlambdaです。ラムダ式とかラムダ関数といいます。

ここではラムダ式について見ていこうと思います。入門者としては少し発展的な内容になると思います。

スポンサーリンク

ラムダ式を見る前に

ラムダ式をみていく前に、関数funcを引数とする処理を見ておきましょう。そうすることで、lambda式で処理した時の違いを見ることができますから、どんな便利さがあるかを確認したいと思います。

次のようなコードを考えてみます。

ガンダムマイスターの名前が入ったリストを用意します。要素からfor文を使って一つずつ抜き出して出力する関数を定義しています。引数にnamesと関数funcを使っています。そして、もう一つ要素をupper()関数で大文字に変換する関数を定義しています。

最初の関数の引数namesにリストを、引数funcに大文字に変換する関数を使ってchange_names()を呼び出しています。

コードを実行してみましょう。ファイル名はlamda.pyとしてAtomで実行しています。

リストの要素が全て大文字になって出力されているのがわかります。

このコードをラムダ式を使うとどうなるかという話になります。

スポンサーリンク

lambda式を利用する

上の式をラムダ式を使って書き換えてみようと思います。引数に使った関数をlambdaを使えば次のように書き換えることができます。

上で使った関数をコメントアウトしているので、比較して見ることができると思います。2行で書かれていたコードを1行で済ませることができています。

実行してみましょう。

同じ結果が得られています。

ラムダ式をそのまま引数に書き込むこともできます。

かなりスッキリしたコードになりますね。

もちろん実行すれば同じ結果が得られます。

lambda式は、その後に引数をおきます。その後ろにコロン(:)をおいて、続けて関数の定義を書いています。

このようにラムダ式を使えば、関数名を使った定義を使わなくて実行できるという利点があります。ここでは関数は一つでしたが、関数をいくつも用意して関数名を覚えながらコードを書いていくということになった場合、とても煩雑になることもあり、そんな時にラムダ式が効果を発揮します。

次のように、関数を別に定義しなくてもラムダ式でいきなり別の操作をできるわけです。

関数名を定義せずに、二つ追加していますね。特に別の関数を定義して使っている訳ではありません。

実行するとこうなります。

それぞれ違いがわかりますね。upper()は全て大文字に、lower()は全て小文字に、swapcase()は大文字と小文字を入れ替えているのがわかります。

一番最初の例と同じようにするならば、コードはこうなってしまいます。

実行はしませんが、同じ結果になるのですが、コードが増えてそれぞれの関数名を覚えて呼び出さないといけないのがわかりますね。lamdaを使った時との違いがわかると思います。

スポンサーリンク

まとめ

ラムダを使わなくても、実際の関数を定義して見ていく方が流れとしては見やすい場合があります。

ですが、ラムダ式を使わなければ、いくつも小さな関数を定義して行かなくてはならないし、その関数名を覚えて利用していく必要があります。その点、ラムダ式は関数名前を用意せずに使えるので、その違いを考えるとラムダ式の効果がどういうものかわかると思います。

lambda式は、lambdaの後に引数を書いてコロンを置き、その後ろに関数定義を書きます。

lambdaを使ってコードを書けるとちょっと上級者っぽくてかっこいい感じがしますね。

自宅学習はオンラインプログラミングスクールを活用!

自宅学習にはオンラインプログラミングスクールがおすすめ!

オンラインプログラミングスクールは独学でプログラミングを学習する時のデメリットを解消する仕組みが備わっています。

気になるところは…

学習がオンラインで完結するのはもちろんですが、独学ではできない質問サポートがあるかどうか。わからないことを現役のエンジニアが質問に答えてくれるといいですよね。

受講者個人に担当のメンターがつき、マンツーマンで学習の相談に乗ってくれることも必要で、ITエンジニアの世界についても伺えたりもすると幅が広がります。

オンライン面談だけでなく、チャット機能を使って気軽に質問を投げかけることができることも大切です。

また、オリジナルプロダクトの開発とサポートがコースの中に組み込まれていて、独学ではなかなか難しい実践的なスキルの習得にもつなげたい。

プログラミングをマスターした後の実際の仕事につながる転職サポートでがあると、ITエンジニアの世界に飛び込むのに不安が解消されます。

そんな豊富なメニューが揃っているおすすめのオンラインプログラミングスクールがこちらにあります。

おすすめのオンラインプログラミングスクールはこちら

TechAcademyはおすすめのオンラインプログラミングスクール!

オンラインのプログラミングスクールでは、テックアカデミーの充実度が目を見張ります。

オンラインで受講が完結するので、自宅学習でプログラミングをマスターしたい人にはテックアカデミーがおすすめです。

メンター制度も現役のプロが対応してくれます。大学生などが対応しているスクールに比べて本気度と専門性が違います。メンター制度の無いスクールもありますし、担当では無いメンターが対応するスクールもあったりするので、相談の質が違いますね。

チャットサポートもあるので、それが無いスクールに比べて相談の気軽さの違いがあります。

プロダクト開発のサポートで実践力が養われるだけでなく、どの講座を利用しても転職サポートが受けられるのはありがたい。

用意されているコースも、初心者向けのプログラミングコースから、Python、Java、PHP、iPhoneアプリ、AndroidといったITエンジニアのベースとなる主要な言語だけでなく、AI、データサイエンス、ブロックチェーン、webアプリケーションと行った実践的なコースまで用意しています。

他にも、webデザインやUI/UXデザイン、動画編集、webディレクションやwebマーケティングといったプログラミング以外での役立つコースまであります。

このようなたくさんの選択肢から自分にあったコースを選ぶことがでるのがテックアカデミーです。

コースの期間も短期間でマスターしたり、長期の受講でじっくり取り組むコースを選ぶこともできます。

複数講座のセットコースを利用することで大幅な割引が受けらるので、お得に受講することもできます。

無料体験もありますので、プログラミング学習でオンラインスクールを考えている人はTechAcademyをぜひ利用してみてください。

テックアカデミーの公式サイトはこちら

Pythonの基礎
スポンサーリンク
CodeGraffitiをフォローする

とにかく進め!Pythonプログラミング入門 〜 コードグラフィティ
タイトルとURLをコピーしました