【Laravel入門】MacにLaravelをインストール – プロジェクトの作成

Laravel
スポンサーリンク

MacにComposerのインストールが完了しているので、ようやくLaravelのインストールができます。

Composerのインストールがまだの人は、先にこちらを確認してください。

【Laravel入門】MacでLaravelを使う準備。まずはComporserのインストール
LaravelをMacで使うために、Composerをインストールする方法を扱います。ここでは公式サイトからファイルをダウンロードしてインストールします。合わせて.bash_profileを変更してMAMPのPHPにPATHを通します。

では、Composerを使ってMacにLaravelをインストールしていきましょう。

スポンサーリンク

Laravelのサーバー要件

Laravelをインストールするには、サーバのミドルウェアが要件を満たしている必要があります。
Laravelの各バージョンごとにサーバ要件が異なります。ここではLaravel 5.8をインストールしようと考えていますので、要件は次のようになります。

Laravel 5.8/5.7のサーバー要件

  • PHP7.1.3以上
  • OpenSSL PHP Extension
  • PDO PHP Extension
  • Mbstring PHP Extension
  • Tokenizer PHP Extension
  • XML PHP Extension
  • Ctype PHP Extension
  • JSON PHP Extension
  • BCMath PHP Extension

Laravelの他のバージョンの要件については検索してみてください。

PHPのバージョンは7.3.1をMAMPで使えるように設定したので問題ありません。

ターミナルからこちらのコマンドで確認もできます。

次のようにPHP 7.3.1であるのがわかります。

他のエクステンションの確認は次のコマンドでターミナルから確認できます。

実行結果は次のように表示されます。

上に示した要件と見比べると、全て満たしているのが確認できました。これでLaravelをインストールすることができます。

スポンサーリンク

Laravelを使う

Composerの準備もでき、要件も満たしているので、MacでLaravelを使ってみましょう。

LaraveインストーラーでLaravelをインストールして、Laravelコマンドでプロジェクトを作る方法もあるのですが、Laravelコマンドが上手く動いてくれない場合があります。

【Laravel入門】Laravelインストーラーを利用してのプロジェクト作成
Composerを利用してプロジェクトを作成するより、Laravelコマンドを利用する方法が少し作業が楽になります。そのためにはLaravelインストーラーを使ってLaravelをインストールして、環境変数PATHを設定する必要があります。

正常にインストールされなかったり、パスの設定が正しく行われていなかったりするためですが、ここで頓挫してハマってしまうのもいけないので、ここではComposerを使ってLaravelプロジェクトを作成することにします。

ComposerでLaravelプロジェクトを作成

ターミナルを起動して、Laravelプロジェクトを作成するディレクトリに移動します。

ここではデスクトップに作成することにします。

ディレクトリがデスクトップに移動したら、次のコマンドを入力してLaravelプロジェクトを作成します。

プロジェクト名は、任意の文字列で作成します。ここでは「myapp」としてプロジェクトを作成することにします。

ターミナルを実行すると、Laravelプロジェクトの作成にしばらく時間がかかります。

次のような画面で、プロンプトが表示されたら作成完了です。

デスクトップを確認するとプロジェクト名(ここではmyapp)のフォルダが作成されているのが確認できます。

フォルダの中には次のようなファイル群が作成されています。

ファイルの中身については、また別のところで見ていくことにします。

作成されたプロジェクトの実行

プロジェクトが作成されたので、サーバーで表示してみましょう。

Laravelには、動作確認用のWebサーバー機能が内臓されています。それを使ってアプリケーション(プロジェクト)を実行してみましょう。

まず、ターミナルでプロジェクトの位置に移動します。ターミナルがそのままであれば、現在はデスクトップ上にいるはずです。そこからプロジェクト(myapp)のディレクトリに移動します。

プロジェクトに移動できたら、次のコマンドを実行して内臓サーバーを起動します。

ターミナルは次のように表示されます。

http://127.0.0.1:8000 と表示されています。

Webブラウザを起動して、http://localhost:8000/ にアクセスしてみましょう。

成功していれば、次のようなデフォルトの画面が表示されます。

これで、プロジェクトが正常に動作しているのが確認できました。

サーバーを停止するには、[control]+[C]キーを押してください。

スポンサーリンク

まとめ

ここでは、Composerを使って、Mac上にLaravelプロジェクトを作成しました。

MacにLaravelをインストールして、Laravelコマンドでプロジェクトを作成する方法がありますが、環境や設定によって上手く動作しない場合があるので、ここではそこで作業が止まるのを避けるためにそこにこだわらず、Composerを使ってLaravelを使う作業をしてみました。

Homesteadなどを利用したものは、またあらためて扱おうと思います。Laravelコマンドを利用した方法はこちらになります。

タイトルとURLをコピーしました