【Laravel入門】Laravelインストーラーを利用してのプロジェクト作成

Laravel
スポンサーリンク

Laravelをコマンドを使ってインストールしてからLaravelコマンドを利用してプロジェクトを作る方法は、設定が上手く行かないとLaravelコマンドが上手く動いてくれない場合があるので、Composerを使ってLaravelプロジェクトを作成する方法を行いました。

【Laravel入門】MacにLaravelをインストール - プロジェクトの作成
Composerを使って、Mac上にLaravelプロジェクトを作成する方法を扱います。Laravelコマンドを利用する方法もありますが、環境設定が上手く行かない場合があるので、Composerから利用する方法のみをここでは扱います。

ここでは、MacにそのLaravelコマンドを利用してプロジェクトを作る方法を行います。こちらの設定ができるとComposerを使ってプロジェクトを作る方法よりも少しだけコマンドが楽になります。

スポンサーリンク

Laravelをインストールする

では、Laravelコマンドを利用してプロジェクトを作ることができるようにして行きましょう。そのためにはLaravelインストーラーを使います。

Laravelインストーラー

ターミナルを起動して、Composerを使ってLaravelをインストールして行きます。

次のコマンドを入力してLaravelをインストールします。

実行するとしばらく時間がかかるので、処理が終了するまで待ちます。

このような画面が出て、プロンプトが入力できる状態になったらLaravelのインストールの完了です。

環境変数PATHを設定する

Laravelのインストールができましたが、このままではLaravelコマンドが使えません。Laravelコマンドを使えるようにするには、環境変数PATHにLaravelの場所を追記する必要があります。

Macではターミナルから次のコマンドで環境変数PATHを設定します。

ターミナルを再起動すれば、Laravelコマンドが利用できるはずです。

スポンサーリンク

Laravelコマンドでプロジェクトを作成

Composerでプロジェクトを作成するのではなく、ここではLaravelをインストールできているのでLaravelコマンドを使ったLaravelプロジェクトを作成をみていきましょう。

Macのデスクトップ上にlaravelappというプロジェクトを作成することにします。

ターミナルからディレクトリをデスクトップに移動します。

ディレクトリがデスクトップに移動したら、次のコマンドでLaravelプロジェクトを作成します。

ここでは、「プロジェクト名」を「laravelapp」としますので次のコマンドになります。

コマンドを実行すると処理が始まります。

完了までにしばらく時間がかかるので終了まで待ちます。

この表示のようにプロンプトが表示されたら処理の終了です。

デスクトップ上にlaravelappのフォルダが作成されているはずです。

Composerよりもプロジェクトを作成するコマンドが短くて簡単なので、こちらの方が少し楽になりますね。

スポンサーリンク

プロジェクトの実行

作成されたプロジェクトを、内臓サーバーで実行してみましょう。

操作はComposerでプロジェクトを作成した時と同様です。

まず、ターミナルでプロジェクトの位置に移動します。

プロジェクトに移動できたら、次のコマンドを実行して内臓サーバーを起動します。

ターミナルは次のように表示されます。

http://127.0.0.1:8000 と表示されているので、Webブラウザから、http://localhost:8000/ にアクセスすると次のように表示されます。

以上でアプリケーション(プロジェクト)の実行が確認できました。

[control]+[C]キーを押してサーバーを終了させます。

スポンサーリンク

まとめ

ここでは、MacにLaravelをインストールして、Laravelコマンドでプロジェクトを作成する方法を扱いました。

ComposerからLaravelインストーラーを使ってLaravelをインストールします。環境変数PATHの設定でつまづくことも多いでしょう。

プロジェクトの作成コマンドは、「laravel new プロジェクト名」なのでComposerで作成するよりも簡単です。

タイトルとURLをコピーしました