Go

Go

【Go入門】戻り値が関数

Go言語の関数について、戻り値に関数をとる関数定義の方法について見てきました。関数呼び出しに、戻り値の部分の関数を実行するように呼び出すことが必要になります。
Go

【Go入門】無名関数(Anonymous function)

Go言語の無名関数(Anonymous function)の定義をを見て行きます。無名関数は、関数定義において関数名を用いない関数です。他のプログラミング言語でも見かけるので、理解はしやすいと思います。
Go

【Go入門】defer – 遅延実行

ここではGo言語のdeferを使った遅延実行を行ってみます。deferキーワードを関数内で用いることで特定の処理を一番最後に実行することができる処理です。
スポンサーリンク
Go

【Go入門】関数と可変長引数

Go言語の可変長引数(Variadic parameter)についてみていきます。関数は定義した時の引数の数だけ渡すものですが、この可変長引数を使うと無制限の数の引数をとる関数を定義することができます。
Go

【Go入門】関数の基本

Go言語の関数の基本を見ていきましょう。ここでは関数の宣言の基本を扱います。関数の定義はどの言語でも基本は似たようなものなので理解はしやすいと思います。パラメータや返り値の型名を指定する方法を中心に見ていきます。
Go

【Go入門】mapの操作 – 要素の追加, range, delete

Go言語のmapのデータの操作について扱います。ここではキーを指定した要素の追加と、mapをrangeで使うことでの反復処理と、deteleを使ってキーを指定して要素の削除をする処理を見て行きます。
Go

【Go入門】mapの基本

Go言語のmapを使ったデータ構造を見て行きます。mapはキーと値をセットにしたデータ構造で辞書型に似ています。データの順番は保証されませんが、キーを指定して値を操作することができ、素早く検索することができるのが特徴です。
Go

【Go入門】スライス(Slice)のmake

Go言語のスライスについてmakeを使った定義を扱います。makeを使って要素の長さと容量を指定してスライすを作ることが出来ます。メモリの割り当てを伴ったスライス定義なので、パフォーマンス上のメリットがあるという特徴があります。
Go

【Go入門】スライス(Slice)の操作 – append, range

Go言語のスライス(Slice)について、appendとrangeを使って値の操作をする方法を見て行きます。appendでは値やスライスの追加を、range はif文と共に使うことで、反復処理で値とインデックスを取り出します。
Go

【Go入門】スライス(Slice)の基本

Go言語のスライス(Slice)について扱います。配列に似ていますが、配列と違って要素数を指定しないので、データの扱いがより柔軟であるのがスライスの特徴です。
Go

【Go入門】配列(Array)の宣言と要素へのアクセス

Go言語の配列を扱っていきます。配列の宣言と要素へのアクセスを扱いますが、要素の数を宣言する配列なのでこれを超えたデータを格納することはできません。要素のアクセスには、インデックスを指定してアクセスします。Goでは配列よりもスライスを使うことの方が多いようです。
Go

【Go入門】switchによる分岐

Go言語のswitch文での分岐について扱います。switchキーワードと共にcaseを使って複数の条件分岐を作ることができます。Goの特徴機能としてfallthroughキーワードがあります。これを使った次のcase文も実行できるという特徴があります。
Go

【Go入門】ifによる条件分岐とelse if, elseブロック

Go言語のif文での分岐処理について、else ifブロック、elseブロックを使うことで、複数の条件を評価して分岐させる処理を見て行きます。複数の条件分岐をelse ifで行う場合は、条件式の順番に注意しないと正しく動作しないことがあります。
Go

【Go入門】if文による条件分岐とtrue, false

Go言語でのif文を使った条件分岐の基本について見て行きます。if文では条件式が成立、つまりtrueの場合に処理を実行します。条件式の評価は、論理値型の演算の評価の知識を利用します。
Go

【Go入門】loop処理のbreakとcontinue

Go言語のloop処理でのbreakとcontinueについて扱います。breakは処理の中断を、continueは処理のスキップを行います。
Go

【Go入門】for文のloop処理の3つの方法

Go言語のforキーワードを使ったloop処理の3つの方法についてまとめました。「for 初期化式; ループ継続条件式; 増減式 { }」の形と、「for 条件式 {}」の形と、「for {}」の形の3つです。
Go

【Go入門】loop処理 – ネストされたfor文の反復処理

ここではGo言語のネストされた反復処理を行います。for文の中でfor文を処理する反復処理です。外側の処理を1回行う間に、内側の処理を全て行って、外側の処理を繰り返すという処理です。
Go

【Go入門】loop処理 – for文の基本

Go言語での反復処理について、ここではfor文の基本を扱っていきます。forに続けて初期化式、ループ継続条件式、増減式を定義し、繰り返し処理のコードをブロック内に記述することでloop処理を行います。他のプログラミング言語にもある処理ですので理解はしやすいと思います。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました