Go

Go

【Go入門】定数宣言内のiota

Go言語のiota(イオタ)について扱います。iotaは定数宣言内で利用し、定数が0から連続した整数値をとります。constを使うたびにリセットされて再び0からの整数値をとります。
Go

【Go入門】新しい型の宣言と導入 – typeキーワード

Go言語の新しい型の宣言と導入について扱います。これは、typeキーワードを使って宣言します。この新しい型を宣言して利用することで、コードの意味を明白にしたりエラーを防いだりするのに役に立ちます。
Go

【Go入門】Goの基本型 – 文字列型(String types)

ここでは、Goの基本型である文字列型(String types)を扱います。stringsパッケージをインポートして、ReplaceやContains、Countと行った文字列の操作をいくつかやっていきましょう。
Go

【Go入門】Goの基本型 – 論理値型(Boolean types)

Go言語の基本型である 論理値型(Boolean types)について扱います。true、falseの値をとるデータ型です。Goでは「&&」「||」「!」を使って論理演算をいます。
Go

【Go入門】Goの基本型 – 数値型(Numeric types)と四則演算

Go言語の基本型の1つである数値型(Numeric types)についてみていきます。Pythonと違って、多くのセットが定義されています。合わせて四則演算もみていきます。Goで数値計算を記述する時のフォーマットも扱います。
Go

【Go入門】変数の「ゼロ値」というデフォルト値

Goプログラミングの変数は、それぞれの型に「ゼロ値」というデフォルト値があります。このデフォルト値が適用されるのは、変数を宣言した時に値で初期化しない場合です。ここではその「ゼロ値」についてみていきましょう。
Go

【Go入門】定数(constants)の宣言 – const

Goプログラミングの入門として、定数(constants)の宣言をみていきます。Goの定数宣言はconstキーワードを利用して宣言しますが、型名は省略することができます。定数を大文字で始めると、他のGoファイルから利用することができることを意味します。
Go

【Go入門】型(type)を調べる – %T と Printf()

Goプログラミングの入門として、変数の型を調べる方法を見ていきます。変数の型を調べるにはPrintf()と%Tを使うことで表示することができます。
Go

【Go入門】Go言語の変数宣言

Go言語の入門として、ここでは変数宣言をまとめておきます。Goの変数宣言はvarと共に型名を指定しますが、コロンとイコール(:=)を使って省略形式で宣言(short declaration)することもできます。このあたりの使い方を見ていきましょう。
Go

【Go入門】Go言語でHello World! – パッケージとインポート

Go言語のプログラミングの入門をやっていこうと思います。ここでは、まず定番のHello Worldを表示するコードを書いていきます。packageとimportの基本的な導入と関数の実行を行ってみます。合わせてpythonのコードも比較として書いておきます。
Go

MacにGoをインストールしてVScodeで開発環境を作る

Googleの開発したGo言語が気になるので、ちょっと勉強してみたくなりました。そこでここでは、MacにGoをインストールする方法とGOPATHの設定、VScodeで開発環境を作って実行する方法、アンインストールする方法をまとめてみました。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました