macOS 10.15 Catalinaへのアップデートでターミナルをzshへ変更する方法

UNIX/macOS
スポンサーリンク

macOS 10.15 Catalinaへのアップデートは8GBもあるので、かなり時間がかかりました。Xcodeも8GBあったのでアップデートに要する時間もかなりかかりました。

特に情報を得ずにアップデートしてしまったので、ちょっとした違いにあたふたしてしまいました。その一つがターミナルのシェルが「bash」から「zsh」に変更になるということ。

OSを新規インストールした場合はデフォルトがzshなのですが、アップデートした場合はbashのままです。と同時に、次のようなメッセージが合わせて表示されます。

The default interactive shell is now zsh.
To update your account to use zsh, please run (以下略).

ここではターミナルのシェルのデフォルトを「bash」から「zsh」に変更する方法を見ていきましょう。

スポンサーリンク

macOS Catalinaのターミナルをbashからzshに変更する方法

では、シェルのデフォルトを「bash」から「zsh」に変更する方法を順に扱います。

「システム環境設定」を開きます。

「ユーザーとグループ」を選択します。

選択したら、ロックを解除します。(パスワードを入力)

解除したら管理者のところを右クリックします。

「詳細オプション」が表示されるので、そこをクリックします。

「詳細オプション」の画面が表示されます。

ログインシェルの項目が「/bin/bash」になっているので、ここを「/bin/zsh」に変更します。

「OK」をクリックして、Macを再起動しましょう。

ターミナルを起動すると次のように表示されます。

これまでのプロンプトが「$」だったものが「%」に変わっているのがわかると思います。

スポンサーリンク

まとめ

ここではmacOS 10.15 Catalinaへのアップデートに伴い、ターミナルシェルのデフォルトを「bash」から「zsh」に変更する方法を見て来ました。

細かい高度な作業になると異なる部分も出てくると思いますが、通常のターミナルの操作はこれまでの「bash」でやってきた方法で問題なく扱えます。

UNIX/macOS日記・コラム
スポンサーリンク
CodeGraffitiをフォローする

コードグラフィティ:とにかく進め!独学プログラミング – Python入門から始めてどこまで学べる?
タイトルとURLをコピーしました