MacのAnacondaをアンインストールする – Python3.7でTkinter等に不具合?

開発環境・ツール
スポンサーリンク

ここではMacにインストールしたAnacondaをアンインストールする方法を扱います。

現時点、Pythonのバージョンは3.7系となっています。これまでの投稿ではPython3.6を使っていましたが、Anacondaをアップデートした際にPython3.7系に合わせて切り替えました。

MacにインストールしたAnacondaのアップデート方法
MacにインストールしたAnacondaを使っていますが、パッケージなどのアップデートがあれは更新する必要も出てきます。ここでは、Anacondaのアップデートの方法についてまとめてみました。

ほぼ問題なく利用はできていたのですが、ターミナルからIDLEを起動したり、GUIライブラリーのtkinterを利用して実行すると、落ちてマックがログアウト状態になるという症状が出ました。(私の場合)

原因は簡単に言うと、どうもmacOSにAppleが組み込んでいるTcl/Tkでバグが生じるようです。そこで、とりあえずの対処としてPython公式サイトのインストーラーをダウンロードしてPython3.7を利用することにしました。こちらのPythonはTcl/Tkは対応済み。

そうすると、Pythonの環境がAnacondaと二重になってしまうので、ここではAnacondaをアンインストールすることにしました。さっそく順番にみていきましょう。

スポンサーリンク

Anacondaのアンインストールツールのインストール

まず、ターミナルを起動し、condaコマンドを使ってAnacondaのアンインストールツールをインストールします。

ターミナルには、次のコマンドを入力して実行します。

コマンドを実行すると ([y]/n)? と聞いてくるので、[y]でreturnキーを押します。

スポンサーリンク

Anacondaをアンインストールする

アンインストールツールの導入が終わったら、次のコマンドを使ってツールを起動します。

何回か削除する項目を聞いてくるのですが、全て[y]でreturnしていきます。

かなりの回数を聞かれると思いますが、ここでは迷わず全て削除します。

ターミナルでの作業はとりあえずここまでです。

スポンサーリンク

AnacondaをHomeディレクトリから手動で削除

ここまででは、ターミナルからPythonを起動すると、AnacondaのバージョンのPythonが起動することになります。

そこでHOMEディレクトリにあるAnacondaフォルダを手動で全削除します。ゴミ箱にまとめて入れてしまいましょう。

Finderからだと、/Users/HOME(ユーザー名)/anaconda の位置にあるはずです。

スポンサーリンク

bash_profile のAnacondaへのPATHを削除

ここでターミナルからPythonを起動すると、AnacondaのPATHが残っているのでエラーが発生します。

そこでbash_profile を起動してPATHを編集していきます。

ターミナルを起動して、以下のようにコマンドを入力します。

すると、エディタが起動して、AnacondaへのPATHが以下のように記述されているものが表示されます。

この部分を全て削除してエディタのファイルを閉じます。

そしてターミナルを再起動します。

ここでPythonを起動すると、MacOSに標準でバンドルされているPython2.7が表示されるはずです。

これでAnacondaがアンインストールされたことがわかります。

スポンサーリンク

公式サイトのPythonをとりあえず利用

このままではPython3.7が使えないので、最初に書いたようにPython公式サイトのインストーラーを使って最新版のPythonをインストールします。

Anacondaの最新版ではこの不具合は解消されていませんでした。他にもパッケージツールを利用したインストール方法がありますが、そのような方法はまたの機会にします。

Anacondaをアンインストールしたことで、これまで利用していた外部ライブラリが使えなくなるので、その都度pipコマンドを使ってインストールして環境を整える必要があることも注意してください。

macOS Catalinaになることで、その他影響が出てくるものもあるかもしれません。

開発環境・ツール日記・コラム
スポンサーリンク
CodeGraffitiをフォローする

コードグラフィティ:とにかく進め!独学プログラミング – Python入門から始めてどこまで学べる?
タイトルとURLをコピーしました