AtomエディタをMacにインストールしてPythonでの開発環境を整える

Pythonの基礎
スポンサーリンク

初心者の独学でのプログラミング学習はとてもツライ…

プログラミングをマスターしたい!

今のIT業界はプログラミングエンジニアが不足していると言われています。
高収入の職業とも言われる分野もありますし、AI、機械学習、ディープラーニング、IOTといった注目される分野が目白押しです。

でも、いざ初心者がプログラミングをマスターしようとすると…

  • 本を読んだりネットの記事で自力で勉強しているけど限界を感じる
  • プログラミングスクールに定期的に通うのは面倒だ
  • 地方に住んでると家の近くにプログラミングスクールなんてない
  • どのプログラミング言語を学べばいいのか悩む
  • 実際の就職や転職にプログラミングが活かせるのか心配だ

など、プログラミングを自分で勉強しようとすると悩みが尽きません。

プログラミングに詳しい友人に教えてもらおうと思っても、そんな友人なんて滅多にいません。いたとしても細かく教えてくれるほど時間に余裕がある人はいないでしょう。

そんな独学でプログラミングをマスターするのに限界を感じてる方に、オンラインプログラミングスクールをがおすすめです。

おすすめのオンラインスクールはこちら

開発環境というとちょっと初心者には大げさに感じますが、要するにプログラミングの作業ができる状況を作るということでしょうかね。

Pythonでちょっとした計算をするだけとか簡単な動きを確認するだけなら、ターミナルでも十分ですが、プログラミングコードをどんどん入力していくにはテキストエディタを利用した方が作業がしやすいですし、実際にエディタや有料の統合開発環境などを利用するのが現実ですね。

利用するエディタは何でもいいのですけど、ここではAtomエディタをMacにインストールして、Pythonを使えるようにしていこうと思います。

スポンサーリンク

AtomエディタをMacにインストールする

さっそくAtomをインストールしていきましょう。

Atomエディタのサイトはこちらになります。https://atom.io/

Atom

Downloadボタンをクリックしてファイルをダウンロードします。

atom-mac.zip がダウンロードされるので、クリックして解凍しアプリケーションフォルダの中へドラッグ&ドロップします。

これだけでAtomのインストールは完了です。このアイコンはMacのLaunchpadに表示されているものです。

Atomを起動する

Atomのアイコンをクリックして起動していきます。

Atomをはじめて起動するとこういった表示が出るはずです。

「開く」をクリックしてAtomを起動しましょう。

すると、Welcome画面が表示されます。

とりあえず、この表示のタブは全て閉じても構いません。

これでテキストエディタとしては利用できます。新規ファイルを作成したりできますが、Python利用のために、もうちょっといじっておきましょう。

ターミナルを使えるパッケージをインストール

ここでターミナルと連携できるようにパッケージをインストールしておきます。

メニューからPackages→Setting View→Openをクリックします。(AtomメニューからPreferencesの選択でもいいはずです)

すると、Settingsメニューが表示されます。

左側にあるメニューの中のinstall をクリックします。

するとインストールするパッケージの選択画面になり、検索窓が表示されるので「platformio-ide-terminal」と入力します。

platformio-ide-terminalのパッケージが表示されるので、installをクリックします。

とりあえず、ここで下準備は完了です。

スポンサーリンク

AtomでPythonを動かしてみる

作業ファイルの保存場所としてデスクトップ上にプロジェクトフォルダを作成します。

メニューからFile→Add Project Folder…を選択して作成します。

フォルダ名は仮に「code-graffiti」とでもしておきましょう。

Pythonファイルを作成する

このフォルダの中に新しいpythonファイルを作ってみます。

Atomの左側にプロジェクトフォルダが表示されています。

そのフォルダの上のマウスを持っていき、右クリックしてNew Fileを選択します。

Enter the path for the new fileと表示されるので、入力欄にファイル名を打ち込みます。

今回は、hello.py というファイル名にしておきます。ちなみにPythonファイルは.pyという拡張子を持つファイルになります。

試しに、コードを入力してみましょう。このように入力してみます。

hello.pyに入力ができたら、ファイルを保存します。command[⌘] + [S]を押せば保存できます。

AtomでPythonを実行する

では、このPythonファイルを実行してみましょう。

Atomの画面左下にある+印をクリックします。

すると、このように画面の下側にターミナルが表示されます。

フォルダのディレクトリであるcode-fraffitiでコマンドプロンプトが立ち上がっています。わざわざディレクトリを移動する必要がないですね。

このターミナル画面からPythonを実行します。

このように入力して、returnキーを押します。(環境によっては、python3 hello.py)

すると、ターミナルには「Hello Python3!」と表示されてから、初期プロンプトになっています。

こうして、Atomを使ってPythonを実行することができました。

Pythonファイルをターミナルで実行するには、「python pythonファイ名.py」で行うことも覚えておきましょう。

Macのターミナルを別で開いて実行してもいいのですが、こちらの方が入力したコードがすぐ上にあるので確認が楽ですよね。このブログでは、このやり方を中心にやっていこうと思います。ただし、他のツールなども使うことがありますが、それはその都度触れていこうと思います。

ちなみに、AtomのターミナルでもPythonを起動することもできます。

これは、MacのターミナルからPythonを起動した時と同じですね。

スポンサーリンク

まとめ

Pythonのコードを作成したりするには、統合開発環境やエディタを利用するのが便利です。

このサイトではターミナルや他のツールでも話を進めていくことになりますが、主にAtomエディタをMacのインストールしてPythonの話を進めていくことが多くなると思います。(Atomを日本語化するならこちらへコード補完機能を追加するならこちらへ

Visual Studio CodeのPython環境の設定はこちらです。

【Mac】Visual Studio CodeでPythonでの開発環境を整える
Pythonを使おうとAnacondaをインストールする時、Visual Studio Codeもインストールすることができます。せっかくなのでVisual Studio CodeでPythonを扱える環境設定をしておきます。

これらのツールはターミナルの表示を合わせて表示できるので、pythonファイルの実行の確認するのにコードを見ながらできるところが便利だと思いますよ。

自宅学習はオンラインプログラミングスクールを活用!

自宅学習にはオンラインプログラミングスクールがおすすめ!

オンラインプログラミングスクールは独学でプログラミングを学習する時のデメリットを解消する仕組みが備わっています。

気になるところは…

学習がオンラインで完結するのはもちろんですが、独学ではできない質問サポートがあるかどうか。わからないことを現役のエンジニアが質問に答えてくれるといいですよね。

受講者個人に担当のメンターがつき、マンツーマンで学習の相談に乗ってくれることも必要で、ITエンジニアの世界についても伺えたりもすると幅が広がります。

オンライン面談だけでなく、チャット機能を使って気軽に質問を投げかけることができることも大切です。

また、オリジナルプロダクトの開発とサポートがコースの中に組み込まれていて、独学ではなかなか難しい実践的なスキルの習得にもつなげたい。

プログラミングをマスターした後の実際の仕事につながる転職サポートでがあると、ITエンジニアの世界に飛び込むのに不安が解消されます。

そんな豊富なメニューが揃っているおすすめのオンラインプログラミングスクールがこちらにあります。

おすすめのオンラインプログラミングスクールはこちら

TechAcademyはおすすめのオンラインプログラミングスクール!

オンラインのプログラミングスクールでは、テックアカデミーの充実度が目を見張ります。

オンラインで受講が完結するので、自宅学習でプログラミングをマスターしたい人にはテックアカデミーがおすすめです。

メンター制度も現役のプロが対応してくれます。大学生などが対応しているスクールに比べて本気度と専門性が違います。メンター制度の無いスクールもありますし、担当では無いメンターが対応するスクールもあったりするので、相談の質が違いますね。

チャットサポートもあるので、それが無いスクールに比べて相談の気軽さの違いがあります。

プロダクト開発のサポートで実践力が養われるだけでなく、どの講座を利用しても転職サポートが受けられるのはありがたい。

用意されているコースも、初心者向けのプログラミングコースから、Python、Java、PHP、iPhoneアプリ、AndroidといったITエンジニアのベースとなる主要な言語だけでなく、AI、データサイエンス、ブロックチェーン、webアプリケーションと行った実践的なコースまで用意しています。

他にも、webデザインやUI/UXデザイン、動画編集、webディレクションやwebマーケティングといったプログラミング以外での役立つコースまであります。

このようなたくさんの選択肢から自分にあったコースを選ぶことがでるのがテックアカデミーです。

コースの期間も短期間でマスターしたり、長期の受講でじっくり取り組むコースを選ぶこともできます。

複数講座のセットコースを利用することで大幅な割引が受けらるので、お得に受講することもできます。

無料体験もありますので、プログラミング学習でオンラインスクールを考えている人はTechAcademyをぜひ利用してみてください。

テックアカデミーの公式サイトはこちら

タイトルとURLをコピーしました