【Python】CSVファイルの読み込み、書き込み

Pythonの応用
スポンサーリンク

Pythonでテキストファイルの読み込み書き込みをやってきましたが、ここではCSVファイルの読み込みや書き込みをやっていこうと思います。

CSVファイルはカンマ区切りによってデータを書き込まれたテキストファイルで、データベースの取り込みなどでよく使われます。エクセルファイルなどの表計算ソフトなどでも開くことができます。

ここではPythonでCSVファイルの作成、書き込み、読み込みを学びます。

さっそくPythonでCSVファイルを扱ってみましょう。

スポンサーリンク

リストのリストデータからCSVファイルを作る

PythonでCSVファイルを扱うにはcsvライブラリをインポートして使います。

まず行のリストの読み書きをしてみましょう。

まず、csvライブラリをインポートします。ここではリストのリストを使ってCSVファイルを作ります。withステートメント、モード”w”でファイル名ms.csvを作ります。ファイルに書き込むためのオブジェクトにして、wrterows()でリストをファイルに書き込みます。

コードを実行するとこうなります。(Pythonファイル名はcsv_file.pyでAtomで実行しています)

ファイルが作成されて、カンマ区切りでデータが収められているのがわかります。

スポンサーリンク

CSVファイルを読み込む

次は、この作成したCSVファイルを読みだしてターミナルに出力してみることにします。

コードをこのように変えてみましょう。

ファイルの読み込みなのでモードを”r”にしてファイルを開きます。reader()で読み込みオブジェクトにして、要素を内包表記を使って取り出し、printで出力しています。

実行するとこうなります。

もとのリストのリストとして表示されているのがわかります。

ここまでは、データがリストのリストを使ってCSVファイルを作りました。

これを辞書型のデータで読み出してみます。

ここではフィールド名を設定しています。辞書型データのキーに当たるものです。これをfieldnamesとして設定します。DictReaderで辞書型で読み込みます。ここも内包表記で要素を取り出して出力しました。

実行するとこうなります。

ここでは、少し見にくいですが、OderedDict型の辞書型として出力されました。ちょっと見にくいですね。Pythonのバージョンが古いと、波括弧の辞書型を含むリストで表示されるはずです。

スポンサーリンク

辞書型データでCSVファイルを作る

次は、辞書型のデータを使ってCSVファイルを作ってみましょう。

今まで使っているガンダムのネタで作って行きます。

書き込みなのでモードを “w”に設定します。フィールド名を設定してデータのヘッダーとして利用します。DictWriterでファイルをオブジェクト化し、ヘッダーをセットします。writerow()を使って1行づつ辞書型データを書き込んで行きます。

実行するとこうなります。

作成されたCSVファイル(右上)にデータのヘッダーが作成されているのがわかります。

このコードは次のように書き換えることもできます。

書き込む時に複数行を書き込む訳ですから、writerow()ではなくwriterows()であることに注意です。

スポンサーリンク

再度、CSVファイルを読み込む

再度、このCSVファイルを読み込んでみましょう。フィールド名のあるファイルですから、上でやったように普通に出力するとOrderedDictで出力されます。

ここでは少し変えてみます。

内包表記でもよかったのですが、ここではfor文を使って要素を取り出しています。

データにはフィールド名が設定されています。それは辞書型データのキーに当たりますから、printにはそれぞれキーを指定して出力しています。

実行するとこうなります。

値の部分だけ取り出して出力されているのがわかります。

スポンサーリンク

まとめ

PythonでCSVファイルの読み込み書き込みもできます。csvライブラリをインポートすることでファイルの操作が簡単に行えます。

CSVファイルはカンマ区切りによってデータを書き込まれたテキストファイルで、データベースとのやり取りや、エクセルなどの表計算ソフトで開くこともできるファイルです。

Pythonでは、リストを持ったリストデータを読み込むことで、CSVファイルを作成し、読み込み書き込みをすることができます。

CSVファイルにヘッダーが必要な場合は、辞書型データでファイルに書き込むことによって作成することができます。辞書型データのキーに当たる部分がヘッダーとしてfieidnamesとして利用されます。

fieldnamesのある辞書型で読み出す場合は、OderedDict型で出力されます。

Pythonの応用
スポンサーリンク
CodeGraffitiをフォローする
独学でPython入門 – なんとなくでもわかりたいPythonプログラミング入門学習★コードグラフィティ