Pythonの基礎

Pythonの基礎

【Python入門】名前空間とスコープ – 変数の所属する領域とアクセス

Pythonの名前空間とスコープについて学びます。ローカル変数は定義した関数内でしか使えませんが、グローバル変数は参照できます。その値は書き換えられませんが、globalを使うと書き換えることができます。ここでは参照の範囲を理解しましょう。
Pythonの基礎

【Python入門】内包表記 – リスト・辞書・集合・ジェネレータ

Pythonの内包表記について見て行きます。内包表記にはリスト内包表記、辞書内包表記、集合内包表記、ジェネレータ内包表記があり、多少の違いを除いて同様の仕組みで書けます。内包表記ができると複数行のコードを1行で書くことができます。
Pythonの基礎

【Python入門】デコレータの作り方、書き方、使い方

Pythonのデコレータは、関数のコードを変更することなく違う処理を加えることができて便利です。ここではデコレータの作り方、書き方、使い方を見て行きます。デコレータは一度定義すれば何度も使え、複数定義して合わせて使うこともできます。
スポンサーリンク
Pythonの基礎

【Python入門】ジェネレータの使い方 – yeild文で返す?

Pythonのジェネレータの使い方についてみていきます。ジェネレータ関数を作るとyield文で値を返す形にします。繰り返し処理で途中で辞めて、再度続きの処理を行えるなど便利なところがあります。next()をで1つずつ処理することができます。
Pythonの基礎

【Python入門】ラムダ式を使う – lambda

Pythonにはラムダ式というものがあります。関数を引数に持つ関数を利用する時、引数として使う関数名を一つ一つ定義して覚えておくのはとても不便です。ここにlamda式を使うと、関数名を作ることなくスッキリとコードを書くことができます。
Pythonの基礎

【Python入門】クロージャの使い方をなんとなく理解する

Pythonの関数に関連してクロージャの使い方について学びます。少し難しい話になるので、入門者としてはとりあえずこういった使い方があると言うことだけでも頭に入れておきましょう。クロージャは処理を覚えていて、後で利用したりすることができます。
Pythonの基礎

【Python入門】オブジェクトとしての関数と関数内関数

Pythonの関数はオブジェクトとして扱うことができます。文字列や数値、リストなどと同じように関数の引数として使うことができます。また、関数内関数というものもあります。関数の中に別の関数を定義して扱うこともできます。
Pythonの基礎

【Python入門】関数にdocstringでドキュメントを付ける

Pythonの関数がどんな内容なのか知りたい時、リファレンスを見るのもいいですが、docstringをシェルなどから直接見ることができます。ここではdocstringの見方と、関数を作った時のドキュメントの付け方を見ていきましょう。
Pythonの基礎

【Python入門】引数とアスタリスクでタプル化と辞書化(args,kwargs)

【Pythonの関数の引数は、アスタリスクを使って位置引数をタプル化、キーワード引数を辞書化することができます。それぞれ*args、**kwargを対応させて使うのがPythonの慣習です。全てまとめて使うことができますが順番には注意です。
Pythonの基礎

【Python入門】関数と位置引数、キーワード引数、デフォルト引数

Pythonの関数を利用する時、複数の引数を利用する場合があります。ここでは、複数の引数を利用する場合の位置引数、キーワード引数、デフォルト引数について学びます。その指定の方法の違いをしっかり理解しておきましょう。
Pythonの基礎

【Python入門】関数の定義と呼び出し

Pythonにはあらかじめ組み込み関数が用意されています、また自分で定義して作ることもできます。関数を呼び出して戻り値を変数として利用したり別の関数で使ったりできます。ここでは関数の定義と使い方について見ていきましょう。
Pythonの基礎

【Python入門】input()関数の使い方。入力した値を利用

Pytonの条件分岐や反復処理をする時、input()関数を組み合わせて利用することがよくあります。使っている人に入力を促し、その値を利用して対話的に処理することができます。ここではinput()の使い方を見てみましょう。
Pythonの基礎

【Python入門】for文とrange()、zip()で反復処理。範囲指定と並列的処理

Pythonのfor文には、range()関数、zip()関数を使えば違った反復処理も行うことができます。range()を使えば数値の範囲を指定して処理できます。zip()を使えば複数のシーケンスの反復処理を並列的におこなうことができます。
Pythonの基礎

【Python入門】for文で反復処理(for,continue,break,else,values(),items())

Pythonの反復処理にはforでリストや文字列、辞書を処理できます。break、continue、elseと組み合わせて中断や処理ができます。辞書型はキーが処理されますがvalue()やitems()を使って値を処理することができます。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました