【Python】py2appでMacのネイティブアプリを作る(エラーあり?)

Pythonの応用
スポンサーリンク

初心者の独学でのプログラミング学習はとてもツライ…

プログラミングをマスターしたい!

今のIT業界はプログラミングエンジニアが不足していると言われています。
高収入の職業とも言われる分野もありますし、AI、機械学習、ディープラーニング、IOTといった注目される分野が目白押しです。

でも、いざ初心者がプログラミングをマスターしようとすると…

  • 本を読んだりネットの記事で自力で勉強しているけど限界を感じる
  • プログラミングスクールに定期的に通うのは面倒だ
  • 地方に住んでると家の近くにプログラミングスクールなんてない
  • どのプログラミング言語を学べばいいのか悩む
  • 実際の就職や転職にプログラミングが活かせるのか心配だ

など、プログラミングを自分で勉強しようとすると悩みが尽きません。

プログラミングに詳しい友人に教えてもらおうと思っても、そんな友人なんて滅多にいません。いたとしても細かく教えてくれるほど時間に余裕がある人はいないでしょう。

そんな独学でプログラミングをマスターするのに限界を感じてる方に、オンラインプログラミングスクールをがおすすめです。

おすすめのオンラインスクールはこちら

Pythonでコードを書いてアプリを作っても、Pythonファイルのままアプリを使うのはちょっと不便でもあります。デスクトップで使えるネイティブアプリとして使える方がいいですし、配布もできますしね。

ここではpy2appを使ってMacのネイティブアプリを作る方法を見て行きます。

すでにTkinterで計算機のアプリをここでは作っています。

【Python】tkinterの使い方入門。計算機GUIアプリの作成に挑戦!
Pythonのtkinterを扱います。tkinterはUnixプラットフォームやWindows上で利用できるTk GUIツールキットをPythonで使うためのインタフェースです。ここでは試しに簡単な計算機GUIアプリを作ってみます。

これをpy2appでMac用のアプリとして作ってみましょう。(ただし、anaconda環境では少しエラーなどトラブルがあったりするかもしれませんので注意が必要です。このあたりは後で述べます)

スポンサーリンク

py2appの使い方の流れ

まずpy2appのインストールです。

py2appのドキュメントはこちらになります。

py2app - Create standalone Mac OS X applications with Python — py2app 0.19 documentation

ただ、そのままインストールしてセットアップ作業を進めると、要らないライブラリなどをインポートして時間もかかり、エラーなどが起きてしまうこともあるようです。

仮想環境構築の復習 – venv

ですから、ここでは仮想環境を構築してそこでセットアップをしていこうと思います。

venvでMacに仮想環境を作って進めて行きます。仮想環境の作り方は以下を参考に。

【Python】venvで仮想環境をMacに作る
Pythonで作業するには異なるバージョンのパッケージを使う場面も出てきますが、そのままではできません。そこでで隔離された仮想環境を作ることになります。ここではvenvコマンドを使って仮想環境の作成、有効化、無効化の方法を見ていきます。

ここではmycalcという作業フォルダを作って、そこにあらかじめ作っておいた計算機アプリのPythonファイル(calculator.py)を入れておきます。

mycalcのディレクトリに移動し、myappという環境名で仮想環境を作ります。その環境状にpipを使ってpy2appをインストールします。

プロンプトの前に(環境名)が表示されます。

py2appのインストール

次にpipを使ってpy2appをインストールします。

なお、pipのバージョンが古い場合は、次のコマンドでアップグレードしてからにしましょう。

py2appをインストールします。

ターミナルからこれらを順に実行しましょう。

無事インストールが完了すると、ディレクトリ内(ここではmycalc)にはPythonファイルのcalculator.pyと仮想環境のmyappがあります。

いつもならAnacondaのcondaを使ってインストールしていますが、py2appはサポートしていないようです。なので、そのままpipでインストールすると環境に不具合があるという話題もあるので、先にvenvで仮想環境を作ってpipを使っています。

setup.pyの作成

アプリにするにはsetup.pyが必要になります。

このsetup.pyを作成するには、py2appletコマンドを使って次のように入力します。

ここでは次のようになります。

実行してlsコマンドで確認すると、次のようにフォルダ内にsetup.pyが作成されているのがわかります。

setup.pyは次のようなコードになっています。

これはコマンドで作らなくても、自分で上記のようにコードを入力してファイルを作っても問題ありません。

アプリの完成(のはず…)

setup.pyファイルを次のコマンドでpy2appを実行してアプリを作ります。

なにも問題なければここでアプリが作成されて終了するはずです。ただし、問題が発生することがあります。

スポンサーリンク

py2appのエラー?

環境によると思うのですが、私の場合は次のようなエラーが発生しました。

ネットには色々な対処法が記載されています。

仮想環境ではpythonがフレームワークとしてインストールされていないので、dylibファイルが存在しない認識されることがあるようで、あらかじめ”–enable-framework” というオプション付きでインストールされている必要があるという解決策が提示されていたりします。

あるいは、py2appのヴァージョンを古いもの(バージョン0.12)をインストールして解決するという説明もあります。

また、setup.pyのOPTIONSに次のような設定をするという解決策があります。

これらは、各自の環境やバージョンによって有効であったり無効であったりするのではないかと思います。

この時点で最初のオプション付きインストールをし直すというのは、ちょっと手間なのでやりませんでした。他の方法はやってみましたが、私の環境ではエラーは解消されませんでした。仮想環境を解除してやってみても同様のエラーでした。

スポンサーリンク

今回のエラーを強引に対処する方法

そこで、ちょっと強引なやり方で解決してみます。

エラーメッセージでは、ディレクトリに「libpython3.6.dylib」が見つからないということなので、同じディレクトリ内を探すと「libpython3.6m.dylib」というファイルがあるのでこれをコピーして「libpython3.6.dylib」にリネームしてフォルダ内に置きました。

これで先ほどと同じようにsetup.pyを実行します。

すると、今回はアプリはとりあえず作成することができました。

作業フォルダ内は次のような構成になります。

buildフォルダとdistフォルダが新たに作成され、distフォルダ内にcalculatorのアプリが作成されています。これをダブルクリックすると、作成したアプリが起動します。

以上、少し不恰好な操作がありましたが、とりあえずネイティブアプリを作成することができました。流れはこうなのですが、ここは今後も様子を見ていこうと思います。

スポンサーリンク

最後に

ここではPythonのpy2appを使って、あらかじめ作成しておいたPythonアプリをMacのデスクトップで使えるネイティブアプリにする方法を見てきました。

結果的にアプリが完成したので作成の流れは追うことができましたが、途中でエラーが出たために不恰好な解決方法となっています。

py2appはanacondaのパッケージには入っていないので、このあたりも今回の不具合と関係があるのかなとも思います。もっときちんとした対応策がわかれば、またここに追記しようと思います。力不足で申し訳ありあせん。

自宅学習はオンラインプログラミングスクールを活用!

自宅学習にはオンラインプログラミングスクールがおすすめ!

オンラインプログラミングスクールは独学でプログラミングを学習する時のデメリットを解消する仕組みが備わっています。

気になるところは…

学習がオンラインで完結するのはもちろんですが、独学ではできない質問サポートがあるかどうか。わからないことを現役のエンジニアが質問に答えてくれるといいですよね。

受講者個人に担当のメンターがつき、マンツーマンで学習の相談に乗ってくれることも必要で、ITエンジニアの世界についても伺えたりもすると幅が広がります。

オンライン面談だけでなく、チャット機能を使って気軽に質問を投げかけることができることも大切です。

また、オリジナルプロダクトの開発とサポートがコースの中に組み込まれていて、独学ではなかなか難しい実践的なスキルの習得にもつなげたい。

プログラミングをマスターした後の実際の仕事につながる転職サポートでがあると、ITエンジニアの世界に飛び込むのに不安が解消されます。

そんな豊富なメニューが揃っているおすすめのオンラインプログラミングスクールがこちらにあります。

おすすめのオンラインプログラミングスクールはこちら

TechAcademyはおすすめのオンラインプログラミングスクール!

オンラインのプログラミングスクールでは、テックアカデミーの充実度が目を見張ります。

オンラインで受講が完結するので、自宅学習でプログラミングをマスターしたい人にはテックアカデミーがおすすめです。

メンター制度も現役のプロが対応してくれます。大学生などが対応しているスクールに比べて本気度と専門性が違います。メンター制度の無いスクールもありますし、担当では無いメンターが対応するスクールもあったりするので、相談の質が違いますね。

チャットサポートもあるので、それが無いスクールに比べて相談の気軽さの違いがあります。

プロダクト開発のサポートで実践力が養われるだけでなく、どの講座を利用しても転職サポートが受けられるのはありがたい。

用意されているコースも、初心者向けのプログラミングコースから、Python、Java、PHP、iPhoneアプリ、AndroidといったITエンジニアのベースとなる主要な言語だけでなく、AI、データサイエンス、ブロックチェーン、webアプリケーションと行った実践的なコースまで用意しています。

他にも、webデザインやUI/UXデザイン、動画編集、webディレクションやwebマーケティングといったプログラミング以外での役立つコースまであります。

このようなたくさんの選択肢から自分にあったコースを選ぶことがでるのがテックアカデミーです。

コースの期間も短期間でマスターしたり、長期の受講でじっくり取り組むコースを選ぶこともできます。

複数講座のセットコースを利用することで大幅な割引が受けらるので、お得に受講することもできます。

無料体験もありますので、プログラミング学習でオンラインスクールを考えている人はTechAcademyをぜひ利用してみてください。

テックアカデミーの公式サイトはこちら

Pythonの応用
スポンサーリンク
CodeGraffitiをフォローする

とにかく進め!Pythonプログラミング入門 〜 コードグラフィティ
タイトルとURLをコピーしました