Matplotlibでの文字化けの対処法には日本語化の設定をしよう!

Matplotlib
スポンサーリンク

jupyter notebookのPythonでMatplotlibのグラフの描画をしている時、日本語でラベルを設定した時に文字化けして困っている人は多いでしょう。

実はMatplotlibはデフォルトでは日本語表記に対応していません。

ここではAnacondaを使っていることを前提として、Matplotlibを日本語化する方法をみていきましょう。(ここではMacの方法について説明しています)

Matplotlibを日本語化する方法を順に見ていきましょう。

スポンサーリンク

無料フォント(IPAexGotic)をダウンロードする

Matplotlibを日本語化するには、まず、対応した日本語のフォントを入手します。どうもMacのデフォルトのフォントでは上手く対応していないようです。こちらのサイトからフォントを入手します。

IPAexフォント/IPAフォント | IPAフォントのダウンロードサイトです

ダウンロードサイトに移動します。

遷移したページをスクロールして、該当箇所からフォントをダウンロードします。

ここではIPAexゴシック(Ver.003.01)をダウンロードします。

スポンサーリンク

フォントファイルをMatplotlibにインストール

ダウンロードしたファイルを解凍して、フォルダの中にあるipaexg.ttf というフォントファルを、Matplotlibのフォントフォルダttfの中に入れます。

フォントフォルダの位置は、macの場合は次のようになります。

/Users/(あなたのMacのHome名)/anaconda3/lib/python3.6/site-packages/matplotlib/mpl-data/fonts/ttf

スポンサーリンク

matplotlibrcファイルを書き換える

次は、matplotlibrcファイルを書き換えます。このファイルは、fontsフォルダと同じ階層にあります。

Macでの位置は次の場所になります。

/Users/(あなたのMacのHome名)/anaconda3/lib/python3.6/site-packages/matplotlib/mpl-data/

この中にmatplotlibrcファイルがあります。

テキストエディタなどでこのファイルを開いて、「#font.family」が記述されている場所を探します。[command]+[F]で検索をかけると1ヶ所ヒットするはずです。

#font.family : sans-serif という場所がヒットしていると思います。

この文字列をコピーして次の行にでも貼り付け、それを次のように書き換えます。

font.family : IPAexGothic

先頭の#を削除していることに注意してください。

書き換えたらファイルを保存します。

以上で、matplotlibの日本語化の設定は完了です。

スポンサーリンク

最後に

以上で、jupyter notebookを使っている時に、Matplotlibのグラフの描画で日本語表記が文字化け(四角い表示なので豆腐と言ったりします)する現象は解消されるはずです。

jupyter notebookで、試しにコードを書いてみます。

ラベルに’y軸’と漢字を使っています。

ちょっと小さくて見えにくいですが、漢字で表示されているのがわかります。対処していないとここが□のような表示になっているはずです。

他にも対処法があるようですが、とりあえずはこの方法でいいのではないでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました