matplotlibでグラフを描くためのラインスタイル、マーカー、カラーマップのリファレンス

Pythonデータ分析の基礎
スポンサーリンク

matplotlibでグラフを描く時、ラインスタイル、マーカー、カラーマップなどオプションで指定する場面が出てきます。

でも、どの色、どのスタイルを使えばいいのかいちいち暗記している人はなかなかいないと思います。そこで公式ドキュメント内を探すことになると思うのですが、どこを見ればいいのかなかなかページが見つからなかったりします。

そこで、公式ドキュメントの各リファレンス先のリンクをここにまとめておきました。

スポンサーリンク

ラインスタイル、マーカー、カラーマップ

グラフを装飾するためのコードは、以下のリンク先になります。

ラインスタイル

線の種類を指定します。

lines_bars_and_markers example code: line_styles_reference.py — Matplotlib 2.0.2 documentation
lines_bars_and_markers example code: linestyles.py — Matplotlib 2.0.2 documentation

ラインマーカー

線の装飾に使うマーカーのコードです。

lines_bars_and_markers example code: marker_reference.py — Matplotlib 2.0.2 documentation

マーカーの塗り潰しのパターンです。

lines_bars_and_markers example code: marker_fillstyle_reference.py — Matplotlib 2.0.2 documentation

マーカー

グラフのマーカーに使うコードは以下になります。

matplotlib.markers — Matplotlib 3.1.0 documentation

カラーコード

カラーコードは同じ色でも複数の指定コードがあります。

color example code: named_colors.py — Matplotlib 2.0.2 documentation

カラーマップ

カラーマップに使うパターンも色々あります。

color example code: colormaps_reference.py — Matplotlib 2.0.2 documentation
スポンサーリンク

最後に

これ以外にも指定できるものはあります。

例えばカラーリングは16進数表示で指定することもあります。

とりあえずは、ここにグラフの設定で参照することがあると思われる線とマーカーと色についてのドキュメントのリンク先を記しておきました。他にもあったら楽だと思われるものは追記していきます。

タイトルとURLをコピーしました