【Python】ロギングのロガーで特定の処理のログ設定を変更する

Pythonの応用
スポンサーリンク

Pythonを使ったロギングの機能をさらに見ていきましょう。

フォーマッタに続いて、ここではロガー(logger)を扱います。

basicConfig()を使ってログレベルを設定できるということは既に学びましたが、ロガーを使うことで、このログレベルの設定を引き継ぎながら、特定の処理のログレベルの設定を変更することができます。

スポンサーリンク

ロガーの設定

具体的に見ていきましょう。

単純なロギングのコードはこう書くことができます。

既に扱った内容ですので、特に問題はないはずです。ロギングのレベルをINFOにしています。

実行するとこうなります。

これにロガーの設定を加えていきましょう。

先ほどのコード追記していきます。

logging.getLogger()にファイル名を指定します。ここでは __name__ として自身のファイルであるrootを示しています。続けて、logging.setLevel()でレベルをにDEBUG指定し、logger.debug()で出力するようにしています。

これを実行してみるとこうなります。

INFOとDEBUGの両方が出力されているのがわかります。INFOはこれまでと同じで、DEBUGは__main__ ということで、これまでのロガーを持ってきてレベルを設定し直して出力し直しています。

スポンサーリンク

別ファイルでロガーを設定する

先ほどのgetLogger()には__name__を指定しましたが、別のnameを指定して使うことができます。これは別ファイルでロガーを作って、カスタマイズを加えて開発する時などに利用します。

具体的にやっていきましょう。

次のようなロガーを別ファイルに記述します。ここではファイル名をtestlogger.pyとしておきます。

loggerを設定して、do_something()という関数を作って出力処理を記述しています。

ここで、元のlogging_lesson.pyを次のように書き換えます。

先ほど作ったtestlogger.pyをモジュールとしてインポートしています。basicConfig()でログレベルを指定し、loggingの出力をしているところはこれまでと同じ。最後に、インポートしたモジュールからdo_something()を呼び出しています。

実行してみましょう。

ログを見ると、メインの処理はrootで表示されています。そして、testloggerとインポートしたロガーのファイル名が表示され、メッセージが表示されているのがわかります。

こうすることで、どこの処理が呼ばれているのかがわかります。

ロガー(testlogger.py)をもう少し書き換えてみます。

setLevel()を加えて、処理を追加しています。

これに合わせてメインの方(logging_lesson.py)も書き換えてみます。

メインの方でのgetLogger()を指定しています。

実行してみます。

これはメインのところでbasicConfig()でまずロギングの設定をして、それ以降はロガーを設定していくというやり方になります。

出力結果を見ていくと、どこがメインの処理で、何がパッケージやモジュールで呼ばれたものなのかがわかります。

スポンサーリンク

まとめ

Pythonを使ったロギングの機能について、ここではロガー(logger)を扱いました。

basicConfig()を使ってログレベルを設定したあとで、ロガーを使って、このログレベルの設定を引き継ぎながら、特定の処理のログレベルの設定を変更することができます。

このロガーを別モジュールとして設定して、様々なカスタマイズを施してインポートして開発に利用するようです。

Pythonの応用
スポンサーリンク
CodeGraffitiをフォローする
コードグラフィティ:とにかく進め!独学プログラミング – Python入門から始めてどこまで学べる?
タイトルとURLをコピーしました