【Python】ロギングについて – レベルと出力

Pythonの応用
スポンサーリンク

初心者の独学でのプログラミング学習はとてもツライ…

プログラミングをマスターしたい!

今のIT業界はプログラミングエンジニアが不足していると言われています。
高収入の職業とも言われる分野もありますし、AI、機械学習、ディープラーニング、IOTといった注目される分野が目白押しです。

でも、いざ初心者がプログラミングをマスターしようとすると…

  • 本を読んだりネットの記事で自力で勉強しているけど限界を感じる
  • プログラミングスクールに定期的に通うのは面倒だ
  • 地方に住んでると家の近くにプログラミングスクールなんてない
  • どのプログラミング言語を学べばいいのか悩む
  • 実際の就職や転職にプログラミングが活かせるのか心配だ

など、プログラミングを自分で勉強しようとすると悩みが尽きません。

プログラミングに詳しい友人に教えてもらおうと思っても、そんな友人なんて滅多にいません。いたとしても細かく教えてくれるほど時間に余裕がある人はいないでしょう。

そんな独学でプログラミングをマスターするのに限界を感じてる方に、オンラインプログラミングスクールをがおすすめです。

おすすめのオンラインスクールはこちら

ここではPythonを使ってロギングについて扱っていこうと思います。

プログラムの実行中に起こった出来事の記録をログといい、その記録することをロギングといいます。プログラムの実行時にエラーや意図しない挙動が起こった時に、このログを確認することで不具合の種類を絞り込むことができます。テスト環境などで合わせて使うと便利ですね。

スポンサーリンク

ロギングレベルとその変更

ではロギングについて見ていきましょう。

ロギングには5つのレベルがあり、順に次のような階層になっています。

CRITICAL
ERROR
WARNING
INFO
DEBUG

具体的にコードを書いていきましょう。テキストエディタのAtomを使ってやっていきます。

loggingモジュールをインポートして、それぞれのレベルの出力のコードを書いています。

これをPythonファイルに保存してターミナルで実行するとこうなります。(ここでは、ファイル名をlogging_lesson.pyにしています)

出力を見てみると、CRITICAL、ERROR、WARNINGまでは表示されていますが、INFO、DEBUGは表示されていません。

PythonのロギングではデフォルトではINFO、DEBUGは出力されないようになっています。

これを出力するには、レベルを次のように指定するコードを追加する必要があります。

logging.basicConfig()にlevel=logging.DEBUGと指定すれば、全てのレベルを表示することができます。(INFOまでならlevel=logging.INFOとします)

実行してみましょう。

全てのレベルで出力されました。アプリの開発段階などではここまで出力するようにして使います。公開段階でこのレベルをINFOやWARNINGに変えて運用していくことになると思います。

スポンサーリンク

ロギングの出力のフォーマット

ロギングの出力のフォーマットを見ていきましょう。

次のように.format()を使ったり、%sを使って出力することができます。

実行すると、コンソールには次のようにどれも出力できています。

Python2で使っていた%sをわざわざ.format()で書き換える必要はありません。コードを見かけたとしても変更しなくて大丈夫です。また、最後の%sをカンマ(,)で続けて代入する方法は、ロギングの時のみにできる書き方となっています。

スポンサーリンク

ロギング情報をファイルに出力する

これまではロギングの情報をコンソール画面に出力していましたが、これをファイルに出力する方法を見ておきましょう。

それにはbasicConfig()を次のように書き換える必要があります。

basicConfig()にfilename=’ファイル名’を追加するだけです。このコードだと作業ディレクトリにファイルが作成されます。必要であれば出力用のフォルダを作成しておき、ファイル名の指定部分もパスを含めて記述する必要があります。

このコードを実行すると、test_info.logファイルが作成され、コンソールで表示されたものと同じ記述がファイルの中にあるはずです。

スポンサーリンク

ロギングの書き方

ロギングで出力する情報は、発生した状況がわかるように書けばいいのですが、例えば、ファイルの保存の処理が失敗したというエラーメッセージは、例えば次のように書くことができます。

このように単にメッセージ文を記入してもいいわけです。

これを、Key:Valueの辞書型で書くこともあるということも知っておくといいでしょう。

例えば、次のよう形です。

こういう形は、ログの出力をログ解析ソフトを利用して分析する時に強みを発揮します。

ログ解析ソフトは、Key:Valueの形でログを検索するという仕様になっています。

なので、辞書型で書くことがあるということも覚えておきましょう。

スポンサーリンク

まとめ

プログラムの実行中に起こった出来事を記録することをロギングといいます。ここではPythonを使ってそのロギングのレベルと出力について扱いました。

ロギングは開発や運用にあったレベルを指定することになります。

ロギングのフォーマッタ、ロガー、ハンドラ、フィルタ、コンフィグなどは次のように別のところでそれぞれ扱います。

フォーマッタについてはこちらです。

【Python】ロギングのフォーマッタで出力レイアウトの指定
Pythonのロギングについて、フォーマッタ(formatter)の属性を変更することで出力レイアウトを指定できます。ここではそのフォーマッタの記入の方法を学び、レイアウトの変更とログの出力(LogRecord)の属性の確認をします。

ロガーについてはこちらです。

【Python】ロギングのロガーで特定の処理のログ設定を変更する
Pythonを使ったロギングの機能について、ここではロガー(logger)を扱います。basicConfig()を使ってログレベルを設定したあとで、ロガーを使ってログレベルの設定を引き継ぎながら、特定の処理のログレベルの設定を変更します。

ハンドラについてはこちらです。

【Python】ロギングのハンドラで要求された処理の実行
Pythonのロギングの機能について、ハンドラ(handler)を扱います。ハンドラは、対応すべき処理要求が発生した時にプログラムの流れを中断して要求された処理を実行します。ここではFileHandler()を使って出力処理をしてみます。

フィルタについてはこちらです。

【Python】ロギングのフィルタで出力するログ記録をフィルタリング
Pythonを使ったロギングの機能について、ここではフィルタ(filter)を扱います。ロギングのフィルタは、ログ出力をする時に、どのログ記録を出力するかをきめ細かく設定するフィルタリング機能です。パスワードをログ出力したくない時などに利用します。

コンフィグについてはこちらです。

【Python】ロギングのコンフィグで環境設定- fileConfig(), dictConfig()
Pythonを使ったロギングの環境設定(config)について扱います。ロギングの設定ファイルを作り、fileConfig()関数を使って読み込む方法と、設定情報を辞書型で記述し、dictConfig()関数に渡す方法があります。

これらの内容も合わせて理解して行きましょう。

自宅学習はオンラインプログラミングスクールを活用!

自宅学習にはオンラインプログラミングスクールがおすすめ!

オンラインプログラミングスクールは独学でプログラミングを学習する時のデメリットを解消する仕組みが備わっています。

気になるところは…

学習がオンラインで完結するのはもちろんですが、独学ではできない質問サポートがあるかどうか。わからないことを現役のエンジニアが質問に答えてくれるといいですよね。

受講者個人に担当のメンターがつき、マンツーマンで学習の相談に乗ってくれることも必要で、ITエンジニアの世界についても伺えたりもすると幅が広がります。

オンライン面談だけでなく、チャット機能を使って気軽に質問を投げかけることができることも大切です。

また、オリジナルプロダクトの開発とサポートがコースの中に組み込まれていて、独学ではなかなか難しい実践的なスキルの習得にもつなげたい。

プログラミングをマスターした後の実際の仕事につながる転職サポートでがあると、ITエンジニアの世界に飛び込むのに不安が解消されます。

そんな豊富なメニューが揃っているおすすめのオンラインプログラミングスクールがこちらにあります。

おすすめのオンラインプログラミングスクールはこちら

TechAcademyはおすすめのオンラインプログラミングスクール!

オンラインのプログラミングスクールでは、テックアカデミーの充実度が目を見張ります。

オンラインで受講が完結するので、自宅学習でプログラミングをマスターしたい人にはテックアカデミーがおすすめです。

メンター制度も現役のプロが対応してくれます。大学生などが対応しているスクールに比べて本気度と専門性が違います。メンター制度の無いスクールもありますし、担当では無いメンターが対応するスクールもあったりするので、相談の質が違いますね。

チャットサポートもあるので、それが無いスクールに比べて相談の気軽さの違いがあります。

プロダクト開発のサポートで実践力が養われるだけでなく、どの講座を利用しても転職サポートが受けられるのはありがたい。

用意されているコースも、初心者向けのプログラミングコースから、Python、Java、PHP、iPhoneアプリ、AndroidといったITエンジニアのベースとなる主要な言語だけでなく、AI、データサイエンス、ブロックチェーン、webアプリケーションと行った実践的なコースまで用意しています。

他にも、webデザインやUI/UXデザイン、動画編集、webディレクションやwebマーケティングといったプログラミング以外での役立つコースまであります。

このようなたくさんの選択肢から自分にあったコースを選ぶことがでるのがテックアカデミーです。

コースの期間も短期間でマスターしたり、長期の受講でじっくり取り組むコースを選ぶこともできます。

複数講座のセットコースを利用することで大幅な割引が受けらるので、お得に受講することもできます。

無料体験もありますので、プログラミング学習でオンラインスクールを考えている人はTechAcademyをぜひ利用してみてください。

テックアカデミーの公式サイトはこちら

タイトルとURLをコピーしました