【Python】ロギングについて – レベルと出力

Pythonの応用
スポンサーリンク

ここではPythonを使ってロギングについて扱っていこうと思います。

プログラムの実行中に起こった出来事の記録をログといい、その記録することをロギングといいます。プログラムの実行時にエラーや意図しない挙動が起こった時に、このログを確認することで不具合の種類を絞り込むことができます。テスト環境などで合わせて使うと便利ですね。

スポンサーリンク

ロギングレベルとその変更

ではロギングについて見ていきましょう。

ロギングには5つのレベルがあり、順に次のような階層になっています。

CRITICAL
ERROR
WARNING
INFO
DEBUG

具体的にコードを書いていきましょう。テキストエディタのAtomを使ってやっていきます。

loggingモジュールをインポートして、それぞれのレベルの出力のコードを書いています。

これをPythonファイルに保存してターミナルで実行するとこうなります。(ここでは、ファイル名をlogging_lesson.pyにしています)

出力を見てみると、CRITICAL、ERROR、WARNINGまでは表示されていますが、INFO、DEBUGは表示されていません。

PythonのロギングではデフォルトではINFO、DEBUGは出力されないようになっています。

これを出力するには、レベルを次のように指定するコードを追加する必要があります。

logging.basicConfig()にlevel=logging.DEBUGと指定すれば、全てのレベルを表示することができます。(INFOまでならlevel=logging.INFOとします)

実行してみましょう。

全てのレベルで出力されました。アプリの開発段階などではここまで出力するようにして使います。公開段階でこのレベルをINFOやWARNINGに変えて運用していくことになると思います。

スポンサーリンク

ロギングの出力のフォーマット

ロギングの出力のフォーマットを見ていきましょう。

次のように.format()を使ったり、%sを使って出力することができます。

実行すると、コンソールには次のようにどれも出力できています。

Python2で使っていた%sをわざわざ.format()で書き換える必要はありません。コードを見かけたとしても変更しなくて大丈夫です。また、最後の%sをカンマ(,)で続けて代入する方法は、ロギングの時のみにできる書き方となっています。

スポンサーリンク

ロギング情報をファイルに出力する

これまではロギングの情報をコンソール画面に出力していましたが、これをファイルに出力する方法を見ておきましょう。

それにはbasicConfig()を次のように書き換える必要があります。

basicConfig()にfilename=’ファイル名’を追加するだけです。このコードだと作業ディレクトリにファイルが作成されます。必要であれば出力用のフォルダを作成しておき、ファイル名の指定部分もパスを含めて記述する必要があります。

このコードを実行すると、test_info.logファイルが作成され、コンソールで表示されたものと同じ記述がファイルの中にあるはずです。

スポンサーリンク

まとめ

プログラムの実行中に起こった出来事を記録することをロギングといいます。ここではPythonを使ってそのロギングのレベルと出力について扱いました。

ロギングは開発や運用にあったレベルを指定することになります。

ロギングのフォーマッタ、ロガー、ハンドラ、フィルタ、コンフィグなどは別のところでそれぞれ扱います。

フォーマッタについてはこちらです。

【Python】ロギングのフォーマッタで出力レイアウトの指定
Pythonのロギングについて、フォーマッタ(formatter)の属性を変更することで出力レイアウトを指定できます。ここではそのフォーマッタの記入の方法を学び、レイアウトの変更とログの出力(LogRecord)の属性の確認をします。

ロガーについてはこちらです。

【Python】ロギングのロガーで特定の処理のログ設定を変更する
Pythonを使ったロギングの機能について、ここではロガー(logger)を扱います。basicConfig()を使ってログレベルを設定したあとで、ロガーを使ってログレベルの設定を引き継ぎながら、特定の処理のログレベルの設定を変更します。

ハンドラについてはこちらです。

【Python】ロギングのハンドラで要求された処理の実行
Pythonのロギングの機能について、ハンドラ(handler)を扱います。ハンドラは、対応すべき処理要求が発生した時にプログラムの流れを中断して要求された処理を実行します。ここではFileHandler()を使って出力処理をしてみます。

フィルタについてはこちらです。

【Python】ロギングのフィルタで出力するログ記録をフィルタリング
Pythonを使ったロギングの機能について、ここではフィルタ(filter)を扱います。ロギングのフィルタは、ログ出力をする時に、どのログ記録を出力するかをきめ細かく設定するフィルタリング機能です。パスワードをログ出力したくない時などに利用します。

コンフィグについてはこちらです。

【Python】ロギングのコンフィグで環境設定- fileConfig(), dictConfig()
Pythonを使ったロギングの環境設定(config)について扱います。ロギングの設定ファイルを作り、fileConfig()関数を使って読み込む方法と、設定情報を辞書型で記述し、dictConfig()関数に渡す方法があります。
Pythonの応用
スポンサーリンク
CodeGraffitiをフォローする
独学でPython入門 – なんとなくでもわかりたいPythonプログラミング入門学習★コードグラフィティ