Pythonの基礎

【Python入門】プロパティで属性の取得と設定 – getterとsetter

Pythonのクラスは、属性に自由にアクセスできてしまいます。それを制御するのに、変数にアンダースコアを付けてゲッターのプロパティとセッターを設定して利用します。アンダースコアを二つ使って、クラス外からのアクセスをできなくさせられます。
Pythonの基礎

【Python入門】クラスの継承、メソッドのオーバーライドとsuper

Pythonのクラスについてさらに学びます。ここでは親クラスの全ての機能を子クラスで利用するクラスの継承、継承したメソッドに変更を加えて上書きするオーバーライド、superを使った親クラスの初期化メソッドの支援要請について扱います。
Pythonの基礎

【Python入門】クラスの定義と初期化メソッド

Pythonのクラスについて見ていきます。クラスの定義と方法、インスタンス化とメソッドの呼び出し方。初期化メソッドの__init__()の定義の方法、コンストラクタとデストラクタの意味を扱います。見慣れないselfの扱いに早く慣れましょう。
スポンサーリンク
Pythonの基礎

【Python入門】標準ライブラリとサードパーティーパッケージ

Pythonには、高度な処理をできるモジュールが標準パッケージとしてあり、すぐに利用できます。また、サードパーティーの有益なパッケージもPyPiのサイトで探すことができます。ここではパッケージモジュールの使い方、インストール方法を学びます。
Pythonデータ分析の基礎

Pythonデータ分析の作業環境を準備 – Anaconda、jupyter notebook

Pythonのデータ型、データ構造、フロー制御などの知識を使って機械学習などにも繋がるデータ分析、データサイエンスの基本的な内容学びます。作業環境の構築にはAnacondaをインストールして、jupyter notebookを活用します。
Pythonの基礎

【Python入門】importとアスタリスクでまとめて取り込む

Pythonでモジュールをimportする時、アスタリスクを使えばパッケージ内のモジュールを指定せずにまとめてインポートすることができます。自作したモジュールパッケージには、__init__.pyファイルに設定を記述する必要があります。
Pythonの基礎

【Python入門】モジュールとimport – 必要な部品を利用する方法

Pythonには、プログラムで利用する関数などの部品をモジュールやパッケージとして分類してまとめておいて、プログラミングで取り込んで使う仕組みがあります。importやfromの使い方、モジュールの仕組みを頭に入れて起きましょう。
Pythonの基礎

【Python入門】コマンドライン引数で実行ごとの動作を変更 – sysモジュール

Pythonのコマンドライン引数で、実行ごとにプログラムの動作に変更を加えることができます。コマンドラインから実行するPythonファイル名の後に文字列を新たに追加することでプログラムに情報を渡し、sysモジュールで引数にアクセスします。
Pythonの基礎

【Python入門】 例外処理 – エラー、try、except、finally、else

Pythonでエラーが起こると例外が発生します。この例外をうまく利用して処理を行うことはプログラミング上有益です。例外処理は、try、except、finally、else文を使って適切なコードを書いていきましょう。
Pythonの基礎

【Python入門】名前空間とスコープ – 変数の所属する領域とアクセス

Pythonの名前空間とスコープについて学びます。ローカル変数は定義した関数内でしか使えませんが、グローバル変数は参照できます。その値は書き換えられませんが、globalを使うと書き換えることができます。ここでは参照の範囲を理解しましょう。
Pythonの基礎

【Python入門】内包表記 – リスト・辞書・集合・ジェネレータ

Pythonの内包表記について見て行きます。内包表記にはリスト内包表記、辞書内包表記、集合内包表記、ジェネレータ内包表記があり、多少の違いを除いて同様の仕組みで書けます。内包表記ができると複数行のコードを1行で書くことができます。
Pythonの基礎

【Python入門】デコレータの作り方、書き方、使い方

Pythonのデコレータは、関数のコードを変更することなく違う処理を加えることができて便利です。ここではデコレータの作り方、書き方、使い方を見て行きます。デコレータは一度定義すれば何度も使え、複数定義して合わせて使うこともできます。
Pythonの基礎

【Python入門】ジェネレータの使い方 – yeild文で返す?

Pythonのジェネレータの使い方についてみていきます。ジェネレータ関数を作るとyield文で値を返す形にします。繰り返し処理で途中で辞めて、再度続きの処理を行えるなど便利なところがあります。next()をで1つずつ処理することができます。
Pythonの基礎

【Python入門】ラムダ式を使う – lambda

Pythonにはラムダ式というものがあります。関数を引数に持つ関数を利用する時、引数として使う関数名を一つ一つ定義して覚えておくのはとても不便です。ここにlamda式を使うと、関数名を作ることなくスッキリとコードを書くことができます。
スポンサーリンク